ジャンルリストへ   
スローイング関連
バッティング関連
ピッチングマシン・トスマシン
トレーニング関連
ストレッチ関連商品
各種効果!練習球
アイシング・サポーター・テーピング
サプリメント・大豆食品
その他

サブジャンル
お得なセット商品
サプリメント
テーピング
アイシング用品
各種ネット
練習用ボール
超低価格マシン
お母さんの味方
スローイングセット MFTスローマックス ツイストセット リリーストレーナー モンスタースラッガー MFTモデル
スローイングセット スローマックス ツイストセット リリーストレーナー モンスタースラッガー

トップページ > スローイング関連 > おすすめ商品
スピナー 野球用

スピナー 野球用

前の商品 次の商品


販売価格
3,194円 (税込:3,450円)
 (送料別・手数料別)
ポイント数
100 ポイント

購入数
 個





詳細説明
→ MFT人気商品をセットになった、お得なスローイング関連セットはこちら

回転のいい、伸びのあるボールを投げたい選手に

言葉ではなかなか伝えることが難しかった、「正しい回転」のボールを投げる技術を、一目瞭然で身につけることができる画期的アイディア商品です。
スピナーは水にも強く、耐久性に優れていて、スタッフが壁当てに5年以上使用して、現在も利用できています。 

ボールのサイズに関して

大人から小学生まで、無理なく練習効果が期待できるサイズ!

より高い精度を求める場合、やや小さく、軽いボールの方が少しのずれで回転に影響が出るため、練習効果は高くなります。
そのため、より高い効果を求める大人のために、硬式球や軟式M号球より小さめのサイズになっています。
一方、小学生は普段投げるボールとサイズや重さが違うと、投げ方が不安定になる恐れがあるため、J号球と同サイズの方が、好ましいです。
そうしたことを考慮して、「野球用」として、一つのサイズにまとめました。

●野球用
直径69mm前後 重さ129g前後
腕の振りをどう修正すればいいかがわかる
ボールを投げる瞬間から回転のずれがわかり、手首の向き・角度や、腕を振る軌道を修正しながらキャッチボールできます。どうしても横回転するクセを改善できなかった選手には最適です。ほんの少し回転がずれただけで、大きく変化するため、厳密に回転の修正をすることができます
このボールで真っ直ぐの回転が投げられれば、実際のボールでは、かなり伸びのあるホップするボールを投げられるようになります。
また、自然に腕の軌道が真っ直ぐになり、フォーム矯正にも有効です。

真っ直ぐきれいに回転するボールを投げられた時
【参考ページ】
伸びのあるボールとは?   ・指先の感覚をつかむ練習   ・リリースの形

こんな人に有効です

・シュート回転や、スライド回転など、癖のある回転を矯正したい選手
・伸びのあるホップするボールを投げたい選手
・フォームを改善したい選手
・正しい握り方をマスターしたい選手
( 両サイドがカットされた形状のため、ボールの中心を基準に握る習慣が、自然につきます)

伸びのあるボールとは?

いい投手は、ボールが浮き上がるように見えます。野手の送球でも伸びがあると、遠くまでスーッと送球することができます。

伸びるボールと、そうでないボールの違いは何でしょうか?

回転数が多く、縦回転のボール

伸びのあるボール
縦回転で回転数の多いほど、浮き上がって見える、いわゆる伸びのあるボールになります。

プロの投手の直球は、ホームベースまでに平均で約17回転(注)します。

なかには20回転もする投手がいて、そういった投手はストレートで三振の山を築いています。

(注)17回転の場合、1分あたりの回転数は145キロで2228回転、150キロで2305回転となります。
   ちなみに、20回転で140キロの場合、1分あたり2531回転となります。
(ホームまでの到達時間が違うため)

※ 実際は、引力によって沈んでいくのですが、回転数が多いと空気抵抗による浮力が生じ、沈む度合いが少なくなるため、浮き上がるように見えます。
ほぼ垂直な回転軸
ほぼ垂直な回転軸
ボールの回転する軸の角度も「伸び」に関係があります。

写真のように、回転の軸がほぼ地面に対し垂直であれば、一番伸びるボールを投げることができます。
プロの平均の傾きは30度くらい
プロの平均の傾きは30度くらい

実際には、プロの投手のストレートでも、回転軸の角度はまちまちです。
ストレートで押すタイプの投手は0〜10度くらいですが、平均すると30度程度の傾きのようです。

※回転軸がわかりやすいように、ここではボールの代わりにスピナーで説明しています。

アンダーズローの上半身の使い方
サイドスロー・アンダースローは
回転の傾きが大きくなる

サイドスロー・アンダースローは、この傾きが大きくなります。

傾きが大きくなれば、キレのいいシュートボールになりますが、回転軸が安定することで力のあるボールを投げることができます。

アンダーズローの上半身の使い方
アンダースローの上半身を
傾けたら…

この絵は、アンダースローの投手の上半身の傾きを変えてみたものです。

オーバースロー(スリークォーター)の投手と、あまり変わらない形になることがわかると思います。

このように、上からでも横や下から投げても、上半身の傾きが違うだけで、基本的には上半身の使い方にはそれほど差がありません。

伸びのないボール

進行方向に対し、斜めに回転している場合は伸びません。

逆に回転数が多ければ変化します(写真の場合はスライダー)。
一方、回転軸が一定しない場合(スピナーではボールがフラフラして見える)は、力のないボールになります。

初心者や遠投力のない選手はこのタイプが多いです。

回転が良くなると、伝える力の方向も一致し、強いボールが投げられるようになる。
実際にボールを投げるときには、自分の回転を確認することができません。

受け手から、「今のボールの回転は良かった」とか、 「今は良くなかった」 と言われても、投げる瞬間にはわかりません。

そのため、回転の良し悪しと投げる瞬間のイメージが具体的に結びつかず、 修正するのは難しいです。極端なことをして、ますます崩してしまう場合すらあります。

しかし、スピナーを使ってキャッチボールをすれば、 一球一球自分の回転をチェックしながら 投げることができ、 高いレベルの精度の回転を身に付けることができます。

※ 実際のボールとほぼ同じ大きさ、重さのため、普通の感覚でキャッチボールをすることができます。その形状も回転を覚えやすいようにボールの幅なども研究されています。

投手に有効なのはもちろん、捕手のセカンドスローの練習の前に、 スピナーで回転を確認するというチームでは、 伸びる球が投げられるようになるため、 捕手の肩への負担が減り、スローイングが正確になったという報告もあります。

| メールマガジン登録 | ショップ紹介 | 通販法表示 | お問い合わせ | サービス一覧 | 会員登録 | マイページ |    
  MFT会社概要 | プライバシー | お問い合わせ | ↑ページ先頭へ
Copyright (C) 2001-2018 MFT Co.,Ltd. All Rights Reserved.